So-net無料ブログ作成

<コウノトリ>野生と放鳥のペアからひな 兵庫・豊岡の公園(毎日新聞)

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は18日、園内の人工巣塔で、大陸から飛来したとみられる野生のコウノトリの雌(推定4歳)と07年に放鳥した雄(4歳)のひな1羽を確認したと発表した。野生と放鳥のペアからひながかえるのは初めて。同公園は「飼育し放鳥されたコウノトリ以外の新しい血統が入ることになり、遺伝的な多様性の点で意義深い」としている。

 雌は06年に豊岡市に飛来し、愛媛県西予市との間を何度も往復していることから、「エヒメ」の愛称で呼ばれている。2羽は昨年ペアになって園内で産卵したが、ふ化には至らなかった。今年は3月15日以降に5個の卵が確認され、うち1個がかえった。

 放鳥したコウノトリや放鳥後に生まれた2世は野外に計35羽いる。しかし血統で分類すると六つにくくられ、近親交配の確率が高い。エヒメはロシアや中国から渡って来たとみられ、これらの血統に属さない点で貴重という。

 巣の中の1個はカラスが持ち去っており、同公園は残る3個の観察を続けている。【藤田宰司】

【関連ニュース】
コウノトリ:卵がふ化 2羽が誕生 兵庫・豊岡
訃報:池田啓さん 60歳=兵庫県立大教授、元県立コウノトリの郷公園研究部長
コウノトリ:豊岡の雌、岩手に飛来 /兵庫
コウノトリ:兵庫・豊岡で放鳥、大崎に飛来 両市「取り持つ縁、交流密に」 /宮城
コウノトリ:治療終え解放 /兵庫

おいが84歳女性絞殺を供述、きょう再逮捕 借金数百万円(産経新聞)
鹿島槍、55歳女性が下山中に滑落死(読売新聞)
<愛知5人殺傷>容疑の長男、以前からトラブル(毎日新聞)
公務員、10年で3分の1削減=「創新党」の山田、中田両氏インタビュー(時事通信)
走行中の車を座いすが直撃、投げ落としか(読売新聞)

4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記−自民公約原案(時事通信)

 自民党の参院選公約の原案が15日、分かった。「手当より仕事」をスローガンに掲げ、環境や医療などの成長産業に予算を重点的に配分することで、年4%の名目経済成長を実現し、10年間で所得を5割増やすことを明記した。子ども手当など給付中心の民主党の政策と差別化を図るのが狙いだ。 

市長不信任案を否決=阿久根市議会−鹿児島(時事通信)
海堂尊氏ブログで名誉棄損 出版社にも賠償命令(産経新聞)
船体に赤い塗料 妨害つめ跡 調査捕鯨母船が帰国(産経新聞)
京大大学院生らが電気自動車開発 ベンチャー企業設立(産経新聞)
自民・小池参院議員が離党へ(時事通信)

<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)

 北海道稚内市で09年3月、同居していた女性の長男(当時4歳)を水風呂に押さえつけて水死させたとして傷害致死罪に問われた同市朝日6、無職、対馬博臣被告(39)に対し、旭川地裁は12日、懲役8年(求刑・懲役10年)を言い渡した。河村俊哉裁判長は判決理由について「常習的な虐待行為の一環。十分抵抗できない4歳児に一方的かつ執拗(しつよう)に暴行を加えた。動機に酌量の余地はない」と指摘した。対馬被告は控訴する方針。

 弁護側は「被告は寝ていた」と一貫して関与を否定し、同居していた本望哉恵受刑者(26)=懲役7年が確定=の暴行で長男が死亡したと主張していた。

 しかし、河村裁判長は「対馬被告の供述には不自然で不合理な点が多数見られ、信用できない」と退けた。

 判決によると、対馬被告は本望受刑者と共謀し、09年3月28日午後7時半〜8時10分、自宅浴室で本望受刑者の長男、龍生(りゅうせい)ちゃんの頭を水風呂に押さえつけておぼれさせ、翌日、死亡させた。【横田信行】

【関連ニュース】
虐待:3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多
児童虐待:施設の保育士や指導員 大阪
性的虐待:養護施設の児童に 職員を懲戒解雇 岡山
虐待:容疑の行司逮捕…3歳長男の背中ける 妻が被害届
大阪虐待死:死亡前日嘔吐、繰り返し暴行か 同居少年供述

<普天間>徳之島移設案を民主党鹿児島県連に伝達へ 政府(毎日新聞)
<赤松農相>野菜出荷前倒し、生産者に要請へ(毎日新聞)
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度−政府(時事通信)
<舛添前厚労相>新党に触れず 東国原知事と会談(毎日新聞)
胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)

行方不明だった宝塚の小6、小5の兄弟、無事発見(産経新聞)

 自宅を出たまま行方不明となっていた兵庫県宝塚市の無職、萩原渡さん(37)の長男で市立小浜小6年の政宗君(11)と、次男で同小5年の拓真君(10)が10日、同県尼崎市内のペットショップで発見、保護された。2人にけがはなかった。

 宝塚署によると、同日午後3時ごろ、ペットショップの近くに住む女性(40)が、2人が店内にいるのを見つけ、警戒中の警察官に届け出た。

 女性は6日午後4時半ごろ、2人から「お菓子ちょうだい」と声を掛けられたという。その後、新聞で2人が行方不明の少年だと気づき、周囲を捜していた。同署がこれまでの足取りなどを聞いている。

 2人は3日午前9時ごろ、自宅を出たまま行方不明となり、萩原さんから同署に家出人捜索願が出されていた。

【関連記事】
宝塚で小6、小5の兄弟が不明 1週間帰宅せず
和泉の不明中2女子 東京で無事保護
母子4人を連れ回し500万円要求、知人の男を逮捕 広島市
交際女性を監禁、トイレも監視…無職男逮捕 香川
不明の男性2人発見 新潟・妙高
「中国内陸部の資源事情とは…?」

美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)
覚醒剤密売人の被告 「子供と住もうと」裏稼業ズルズル(産経新聞)
名古屋の山にニホンカモシカ、最大3頭生息(読売新聞)
猿人化石、新種と発表=195万年前、南ア洞穴で発見−ヒト属祖先との見方も(時事通信)
<野口聡一飛行士>「宇宙戦艦ヤマト」シャツで古代進気分?(毎日新聞)

「1年前のあの男…」店主忘れず、寸借詐欺再び(読売新聞)

 パン店で5000円をだまし取ったとして、奈良県警高田署は2日、住所不定、無職高森茂宏容疑者(75)を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、高森容疑者は昨年4月下旬、同県葛城市内のパン店主の男性(47)に「金を落とした。神戸まで帰るお金を貸して」とうそを言い、5000円を詐取した疑い。高森容疑者は男性に神戸市内の架空の住所と偽名のメモを手渡していた。

 高森容疑者は約1年後の2日午後2時頃、再び店を訪れ、「金を落とした」と言ったことから、男性が「あの男だ」と気付いたという。調べに対し、高森容疑者は「借りているだけで、だましていない。また、貸してくれると思った」と容疑を否認している。

参院選みんなの党から出馬せず 北口・明石市長(産経新聞)
前原国交相、キャリアの卵に入省アピール(産経新聞)
憲法改正「議論必要なし」 枝野行政刷新担当相(産経新聞)
歓迎と疑問 神奈川県、受動喫煙防止条例スタート(産経新聞)
「ネットハンター」が始動=闇サイト捜査、専従班設置−警視庁(時事通信)

<たらい舟>ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)

 岐阜県大垣市の中心部を流れる水門川で1日、たらい舟の川下りが始まった。川沿いの桜は4、5分咲き。俳人・松尾芭蕉の「奥の細道むすびの地」として知られる水都・大垣の春を家族連れらが楽しんでいた。

 市観光協会が03年から行っており、同市高砂町から馬場町の四季の広場までの約1キロを約30分かけて下る。愛知県岡崎市から家族5人で訪れた女の子は「桜がきれいで、楽しかった」とうれしそうだった。

 1隻1000円。大人2人と子ども1人が乗船できる。3、4日を除き、9日まで。申し込みは市観光協会(0584・77・1535)。【子林光和】

【関連ニュース】
小野竹喬展:開幕 東京で4月11日まで
まいまいクラブ:400人参加「竹喬展」鑑賞会
小野竹喬展:会場で俳句コン 俳人の黛さんと石さん、「奧の細道」魅力語る /東京
大垣市:奧の細道事業で2人に監修委嘱 /岐阜
小野竹喬展:開幕 東京・来月11日まで

<銀河鉄道999>北九州の空へ モノレール開業記念(毎日新聞)
<秋葉原>防犯カメラ設置…無差別殺傷の現場周辺に34台(毎日新聞)
「職務にストレス」「吸うと解放された」=大麻所持容疑で逮捕の教頭−奈良県警(時事通信)
興南指笛♪応援に味 甲子園アルプス「画一化」の中…(産経新聞)
重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)

大麻所持で教頭逮捕 大阪府教育長「教員も指導必要」(産経新聞)

 大阪府立高教頭の逮捕を受け、府教委の中西正人教育長は30日、「生徒、保護者、府民の皆さんに心からおわび申し上げます」と頭を下げて謝罪し、「高校生や中学生にも薬物汚染が広がり、再三、学校現場にも指導するよう講習会も実施していたが…」と厳しい表情を浮かべた。

 府教委は、昨年、大麻取締法違反容疑で府立高校生が相次いで逮捕されたことを契機に府立高校に対し年1回、薬物乱用防止教室を開催するように指導していたという。

 府教委によると、逮捕された教頭の小島靖司容疑者が勤務する福井高校でも昨年10月、1年生を対象にした薬物乱用防止教室を開催。12月にも全校集会で生徒指導をしていた。

 小島容疑者は4月1日付の異動で、別の学校に転任する予定で、内示もされていたが、後任や生徒、保護者への対応など今後についてはまだ決まっていないという。中西教育長は「薬物について生徒の指導はもとより教員への指導も必要という現実を受け止めて対応せざるを得ない」と唇をかみしめた。

 一方、学校で取材に応じた勝部幸校長は「教頭がこのような不祥事をおこし申し訳ない」と謝罪。小島容疑者について、「まじめで誠実な人柄。まだ信じられない」とし、29日に会った際も変わった様子はなかったという。

 同校1年の女子生徒は「学校では薬物は絶対だめといわれていた。まさか身近にこんなことがあるとは」と驚いていた。

【関連記事】
46歳で昇進…エリート教頭まで大麻汚染 上昇志向、几帳面さも
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持
JAYWALKボーカルを起訴、大麻所持は起訴猶予
小学生にも「薬物教育」 乱用防止教室広がる
深刻な芸能界の薬物汚染 またも覚醒剤取締法違反で逮捕

フェラーリ型のジェットコースター…中東アブダビに誕生
<死体遺棄>工事現場に男性埋めた疑い、20歳男逮捕 茨城(毎日新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業−東京地裁(時事通信)
【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。